他の日記・音楽は              日々の日記・音楽は

  続 弱小投資家背水の陣で挑む        弱小投資家背水の陣で挑むⅢ  





RSS Feed Widget




先頭 > 【日・米・独】株価比較 > title - 【日・米・独】3市場、追跡 2015年6月


【日・米・独】3市場、追跡 2015年6月

2015-06-06(土) 17:15

前回、掲載から1か月経っているので更新します。




【日・米・独】 3市場 比較



(2012/11/1~2015/6/5)
長 日米欧



 日経平均株価NYダウ(米国)DAX(独国)
    
2012/11/18946.8713232.627335.67
    
2015/6/520460.917849.4611197.15
    
上昇率128.69%34.89%52.64%
    
順位1位3位2位




 日本市場 独走状態 継続中?! 


幾度となく書いていますが、一部で批判的な輩がいるのも

事実ですが誰が何を云っても、日経平均株価が約2年半で

倍増となっているのは紛れもない事実です。

P.S

株価が上昇するのが悪い事だと云われればそれまでですが…




ここからは、範囲を狭めて昨年末からの比較、



(2014/12/30~2015/6/5)
短 日欧米



 日経平均株価NYダウ(米国)DAX(独国)
    
2014/12/3017450.7717983.079805.55
    
2015/6/520460.917849.4611197.15
    
上昇率17.25%-0.74%14.19%
    
順位1位3位2位



ちなみに、先月はこちら


 日経平均株価NYダウ(米国)DAX(独国)
    
2014/12/3017450.7717983.079805.55
    
2015/5/119531.6318024.0611454.38
    
上昇率11.92%0.23%16.82%
    
順位2位3位1位




日本市場においては、金融緩和継続中で株価の上昇率等も絶好調。


その一方、金融引き締め方向の米国は、

一進一退の攻防中で今後の対応に世界中が注目しています、

FRBの先生方には世界のお手本になる様な、手腕期待します。



ここからは独り言です(語弊有るかも知れません)

欧州市場に関しては、金融緩和を行っている事も手伝って辛うじて

株価は上昇しているが、この所数か国の汚い駆け引きが目に余る…

要は茶番で、当方には吉本新喜劇に見えてならない?!


申し訳ございません?!


吉本新喜劇に対して失礼でした  m(_ _)m







関連記事


        



  web拍手 by FC2
[タグ未指定]



このエントリーをはてなブックマークに追加
チェック




△ページトップへ戻る